虫歯を放置するとどうなってしまうか?

まず最初に歯の構造は、外側から、エナメル質、象牙質、歯髄(神経や血管のある空間)となっています。
エナメル質や象牙質の虫歯は、一般的な虫歯治療で詰め物や被せものをして治りますが、放置して虫歯がだんだん大きくなると神経のある歯髄まで虫歯が達し、麻酔をして神経をとる治療(根管治療)をしないと治りません。
この根管治療をすると、歯は脆くなり歯の寿命は一気に短くなります。
なので、虫歯は早期発見、早期治療、もっと言うと虫歯にならないように予防することが非常に大切なことなのです。

 

虫歯には、削らなくても良い虫歯と削らないと治らない虫歯があります。

 

<削らなくても良い虫歯>

初期の虫歯、すなわち最外層のエナメル質に留まっている虫歯は削らないで経過観察します。
ただ、他にも虫歯が沢山ある人や虫歯菌が多いなど虫歯になるリスクが高い人は小さい虫歯でも削って治すことがあります。
経過観察中は、自分で歯磨きをしっかりしてもらい、歯医者さんでフッ素を塗布して再石灰化させたり口腔清掃して予防し、これ以上虫歯が大きくならないようにします。
歯医者さんの定期健診で、もし虫歯が大きくなってしまったら治療しますが、そのままの状態を維持していればずっとそのまま削らなくて良いです。

 

<削らないと治らない虫歯>

象牙質まで達してしまった虫歯は、もう再石灰化して進行を食い止めることが出来ないため削って治します。
これを放置していると、だんだん虫歯は神経まで達し、ものすごい痛みが生じてきます。
こうなると麻酔が効きにくくなるため、少しでも痛みや違和感、歯が欠けている、物が挟まりやすくなったなど異常を感じたら、すぐ歯医者さんにかかりましょう。

 

歯を一度削ってしまうと、二度と元に戻ることはありません。
それに、一度でも削って治療した歯は、一度も削っていない歯に比べて、再度虫歯になりやすいのです。
すなわち、虫歯にならないように予防していくことが本当に大切なことなのです
せのびーる500円モニターはこちら

コメントを残す