左右の足の長さが違うと?

肩こりが辛いかた、腰痛が酷い方は整体に行ったことがある方も多いですよね。 「体の歪みで左右の足の長さが違うですよ!」と言われた事はないですか?

コレだけならいいんですが、 「左右の足の長さが違うから、肩こりが酷いです」「腰が痛いのは足の長さが違うからです」 こう言われた事はないですか?

これは間違いなんです!

確かに体に歪みがあれば人間の体は左右対称じゃなくなります。
足の長さも違えば、肩の高さだって変わってきます。

でも足の長さが違うから不調が起きているんじゃないんですよ。
これは整体に通って欲しい時に使うセールストークです。

私は右が、がに股、左は内股で、かなり歪んでいます。 整体に行くと、このセールストークを良く言われます。

特に突っ込みません。
原因はそこじゃないってわかっているので・・・。

話の中で足の左右の長さが違う事を言うのは構わないと思います。 でも、それを原因にするのはどうかな・・・と。

足の長さは整体に関係なく一時的にならストレッチでも治ります。

ですが、毎日の生活の中で左右を均等に使用しないと歪みが起きて、また足の長さなどが 違ってきます。

バックを肩にかける時にいつも同じ方の肩にかけていませんか?
足の重心は片側になっていませんか?
下着を履くときに同じ足から履いていませんか?
常に同じ方の足を組んでいませんか?

日頃から片側だけ使用している場合があるんです。

不調は体の歪みから来る場合もあります。
そんな時にはいつもと違う方の手や足を使う事で歪みを少しずつ防止する事が出来るんですよ。

 

コメントを残す