肩こりと四十肩・五十肩との違い

良く肩こりと勘違いしやすい症状があります。
同じように肩が痛いって感じるので、整体に来る方もいるんですが・・・。

それは四十肩・五十肩です。

肩こりが酷いと思っていて病院へ行ったら四十肩・五十肩と言われた。
と言う方もいますね。

四十肩・五十肩と肩こりの違いは、四十肩・五十肩は炎症から痛みが出ている事です。
肩こりは炎症と言うよりも、筋肉疲労言った方が良いですね。

肩こりは姿勢が悪い、同じ姿勢で居る事で肩の筋肉が疲れて疲労が溜まります。
そうする事で血流の流れも悪くなり、筋肉中に老廃物が溜まって肩こりになる。
そう言った流れで肩こりは起きていきます。

四十肩・五十肩の場合は原因はっきりしていないんです。
ですが正式な名前は「肩関節周囲炎」と言って四十肩・五十肩は正式な名前ではないんです。

年配の方が多く起きていた四十肩・五十肩ですが、最近は若い世代の方でも
四十肩・五十肩に悩まされている方がとっても多くなりました。

四十肩・五十肩かどうかの判断は、
一番簡単な方法では 両腕を真上に上げる事が出来るか?
その時に耳よりも後ろの位置まで上げる事が出来るか。
両腕を真横から真上に上げれるのか?

などで判断出来ます。

病院ではもっと詳しく調べてもらえますが、
セルフチェックでこの二つが出来ない場合で 肩や腕に痛みが出る方は、
肩こりじゃなくて、四十肩・五十肩かも知れませんね。

コメントを残す