冷えは万病のもと!!

 

 

体の冷えによって肩こりや腰痛が起きてしまうだけではなくて
免疫が下がる事により風邪を引きやすくなったりなどの
健康面でも影響があります。

女性は男性よりも冷えが起こりやすいと言われています。
冷えが起きる事で月経不順や生理痛が酷くなったり、
お肌の荒れやくすみも起きやすくなります。

便秘が酷い方の中には冷えが原因で便秘が起こっている方も多いです。

冷えの改善には色んな方法がありますが 体も健康に改善する為に食べ物での改善がオススメです。

食品には体を温める効果のある「陽性の食品」と 体を冷やす「陰性の食べ物」があります。

体を温めたい寒い季節には積極的に「陽性の食品」を体に入れたいですね。
陽性の食品の特徴としては
・地下で真っ直ぐ育つもの
・寒い季節にとれるもの
・塩辛いもの
・かたく、水分の少ないもの 等の特徴があります。

普通に考えると、今の季節にと収穫できる野菜などは陽性の食べ物に当たりますね。

特に体を温める効果があるのは
・しょうが
・ネギ
・にんにく
等があります。
黒焼きした梅干しも体を温める効果が高く、どれも風邪を引いた時に取ると良いとされているものです。

その他にも体を温めて血液もサラサラにしてくれる効果のある食品もあります。
根菜類や自然の塩、味噌、醤油がそうです。

逆に体を温めるけど血液はどろどろになってしまう食品もあります。
お肉(ハム、ソーセージ)チーズなどがそうです。

血液がドロドロになってしまう場合も冷えの原因になる場合があります。

体を温め、血液もサラサラにしてくれる食品で今の時期はお鍋も良いですね。
美味しく、冷えの改善にも役に立ちます。

コメントを残す