腰の負担を減らすためには

これから寒くなる季節に多い、ぎっくり腰
重い物を持つ時に気を付けて体全体の筋肉を使って・・・
と言われても難しくて分かりませんよね。

筋肉の低下が原因とも言われている、ぎっくり腰ですが
じゃぁ、筋トレをすればならないのか?
と言われたら、それは違うんです。

いつなるか分からないぎっくり腰に怯える事無く、
腰の負担を少なくする方法 、ぎっくり腰を予防する方法があるんです。

定番ですが、同じ姿勢は避ける。
同じ姿勢が多い職場やPC操作の方は気を付けたいです。
その他にも前かがみの姿勢も危ないです。

どちらにも共通しますが、同じ姿勢の合間に、
前かがみの姿勢が多い時に 腰の負担を軽くするのがストレッチです。

YOUTUBEなどの動画サイトでも紹介されていますね。

それに足の冷えや筋肉の冷えは体に色んな影響を与えます。
お風呂上りに足の筋肉を伸ばすだけでも腰の負担を減らしますし
筋肉が冷えてかたいと怪我も多いです。

筋肉を柔らかくする方法としてヨガも良いです。
腰痛や肩こりが酷いのでヨガで解消する方も多いんですよ。

ヨガを始めて腰痛が無くなった方もいます。

筋肉が柔らかい事で代謝も良くなるのでダイエットにも良いんです。

ヨガにとらわれず、自分にあったストレッチ法やトレーニングを 数分で良いので取り入れてみて下さい。

ぎっくり腰の対策以外にも肩こり、腰痛が無くなるかもしれないですよ。

コメントを残す